リスクの高い投資とは

新興国のインフラへの投資

インフラ整備を期待した投資

新興国は絶えず発展を続けていかなければなりません。資本主義である現在の世では、これは必然となります。国家発展の為には、産業を拡大していかねばならず、またその産業に従事する生活者の基盤を作らねばなりません。それこそがインフラ整備となり、そこへ投資することによって大きなリターンを得ようとするのが今までの常となっております。しかし、2017年には米国大統領がトランプ氏に決定しており、米国への資金流入が懸念されています。今までは、新興国へ流れていた資金が引き上げられていくという市場の予想が出ておりますので、インフラ整備への投資をしていた方々は十分にリスクを承知しておかねばなりません。

新興国投資を行うメリット

新興国への投資を行う際の最大のメリットは高いリターンが期待できるということです。特に広大な国土を有している国はただでさえ豊富な天然資源に恵まれている場合が多いですが、その一方で人口の伸び率も高く、生産性の伸びも期待できますから、将来的に市場の大きな成長が見込まれます。そういった国に資金を投入すれば高い利益を得ることができる可能性があります。また新興国への投資には貧しい人々への支援や起業支援を行うことができるという側面もあり、自分だけが得をするだけでなく他の国で暮らしている人々の役に立つことのできる方法でもあるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 新興国投資の今後の展望 All rights reserved